上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の札幌は/
久しぶりに晴れましたヽ(*゚▽゚*)ノ

昨日なかなか寝れなくて気がついたら( ´-`)チュンチュンAM4:30
仕事中もフラフラ~⊂(_ _⊂⌒⊃ 
月初めなので忙しくなる頃なのに仕事が降りてこないので
処理が全然できないヽ(`Д´)ノウワァン 5/23付でストップしてます( ゚Д゚)ヒョエー
来週が地獄・・・。


さて、今日でパンは1歳9ヶ月なりました( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ
早いもんですねぇ、シミジミ(* ´ I`)
私の中ではまだ1歳くらいなんだけども、もう少しで2歳ですよ!!
色々とあったパンの気管支炎やら体調不良は落ち着き
平穏な日々を送ってます♪♪♪
パンが通っている動物病院がブログを始めたというので覗いてみました。
そしたらなんだか心に響く内容があったのでご紹介☆


『人それぞれで体の匂いも違いますが、ペット達は特に匂いに個性があるように
感じられます。昨年、入院の動物の世話や手術などが続き、睡眠時間が取れ
ていなかったため病院が終わった後、疲れて気づいたら病院の休憩室で診察
着のまま気を失うかのように寝てしまったことがあります。1時間ほどそのまま
寝ていたのですが、どこからともなくとても懐かしい匂いがし、目が覚めました。
匂いの正体は、診察着にしみこんだ匂いでした。
その日、ある年老いた猫を診察していました。その猫の匂いがかすかに診察着
に残っていたのでした。診察着に残ったその匂いは、おととしに亡くなった自分
の飼い猫にそっくりの匂いでした。匂いというのは不思議なもので、当時の気持
ちや空気を一瞬のうちによみがえらせてくれます。そういった経験はどなたにも
あると思います。

亡くなった子たちを飼い主の方に手渡す際に、いつも心に引っかかることがあり
ます。長く病気を患って亡くなった子ほど、いろいろな事で体が汚れてしまって
いるものです。そんな時、ほとんどの動物病院では体をふいてあげてきれいに
してあげてから飼い主さんに引き渡していると思いますが、なかなか取れない
汚れなどはシャンプー剤などで洗うこともあります。シャンプーなどに含まれる
香料は、たちまちその子本来の個性でもある匂いを消し去って
しまいます。確かに、体が汚れたのはきれいにしてあげたいけど、飼い主さんに
とってこの(かけがえのない匂い)をなくしてしまっても良いのだろうかといつも思
うのです。

ついこの間まであたりまえだったこの匂い...大切なものですよね...。』
※先生、勝手に文章拝借してしまいましたι(´Д`υ)

パンの匂い。。。
もう私の至るところに染み付いていると思いますが
これから先ペットロスは避けられないことだと思います。
いつかはやって来るパンの最後・・・。
考えるだけでウルウルくるよぉつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
写真は一生だけど匂いはいつかは消えてしまう。。。
なんだか悲しい。匂いはその人(子)だけのものだし
私はパンの匂いを忘れないでいたいな。
そう考えると匂いってかけがえのないものだと思う。
06060201.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。